約束を破るな

自己破産というととんでもないことをやらかしたというイメージがあります。

ルールなんて関係ないと言っている人だとを感じます。つまり、借金をしておきながら、法律の助けで返す約束で借りたお金を返さなくていいというわがままなことを感じるのです。約束は守らなければなりません。

それが常識でないとルールなどあってないようなものです。それが自己破産をした人は許されるのですから、理不尽です。憤ります。

簡単に借りて飲み食いしたり、遊びほうけた後に自己破産できるんでしたら誰でもやってしまいそうです。

あるいはギャンブルや女遊びでプレゼント用にお金を借りて、使いっぱなしで借金を返さないんですから、真面目な人や正直者は損します。こんなことが許されていいのでしょうか。許されるとしたら社会の秩序は崩壊する危惧の念を抱いてしまいます。

そんな問題を感じるのが自己破産について感じることです。まあ、それだけではない事情の人もいるようにも思います。


▲ページの先頭へ