監視下に置かれる

破産という言葉自体がすごく重い感じがします。あまりいいイメージは想像できないです。

取り立てがものすごかったり、怪しい業者がお金を借りませんかと誘ったり、家財道具を差し押さえられたり、実際に起こるかはわかりませんが、ほとんど裸同然にされるのではないかというような悪いイメージは浮かびます。

なんとなくですが、一生お金の使い方を他の人に管理されるのではないかと思っています。例えば毎月の給料をずっとその人に報告して、食費はこれだけ、光熱費はこれだけという風に指示を受けるなどです。

自己破産と言われるのは、あなたは自分ではお金を管理できませんと宣告されるようなものではないかと思うので、特にお金に関わる部分については細かいところまで制限を受けて生活していかなければならないのではないかと思います。

逆に、お金以外の面で他に制限を受けるのかと言われればよくわからないです。とにかくお金の管理についてだけは他の人に任せてしまおうというものではないか思っています。


▲ページの先頭へ