あなたもブラックの仲間入り

借金が等がかさみ、返済能力を超えてしまったら自己破産して、その借金を無いことにできるのが自己破産の基本的な方針だと思います。

どうしようもない事情があり、返済できなくなる人もいるでしょうし、借りたところが悪質な金融だという場合もあるでしょうが、計画性もなく借りるだけ借りて、返せなくなったら自己破産だなんて、なんだか自分勝手なイメージが強いのが正直なところです。

でも、自己破産したら、その後の人生はかなり不自由になるのではなかったでしょうか?

ブラックリストというか記録に残るので、しばらくの間は借金ができなくなったり、財産が差し押さえられたりもするので、しばらくは生活が不自由になります。 住所氏名も公開されるはずですから、それを悪質業者に見られれば、何かに悪用される可能性もあるかと思います。

それでもやはり、自己破産は借りた人にとってはメリットが大きい制度です。ギャンブルなどが借金の原因でなければ、自己破産してチャラにできるのですから…。

借りる人の誠意を信じてお金を貸してくれた債務者は、いきなり自己破産されたら、裏切られたと感じる人も多いでしょうか。 借りた人は多少の不自由のみで借金が無くなりますが、貸した側は大きな痛手でしょう。

借金ってなんだかヤミ金ウシジマ君みたいな話なので私にはよくわかりませんけどね。ドラマや映画の中の話をいうか。なんだか現実味がないんですよ。

もし自分がそういう立場に立たされたらどんな気分だろうとかとは想像します。きっと絶望するだろうな。行きてい行くのが嫌になるだろうなと。

だから私は借金なんてしません。そんな人生を棒に振るような事態には陥りたくないですかなね。倹約して慎ましく真面目に生きていくのが私には合っています。


▲ページの先頭へ