社長さんが失敗したとき使う

私が自己破産に持っているイメージは会社の社長さんが事業に失敗して借金を返せなくなったときにするというとても暗く悲しいものです。自己破産をするとお金に関する信用を失ってしまうので、金融機関や家族友人などからお金を借りることは難しくなってしまうと思います。

古いイメージかもしれませんが、自己破産というと毎晩借金取りの人が家まで押し掛けて借金返済の催促をするというとてもこわい印象もあります。そのせいで仲の良かった家族が離れ離れになってしまい、全てが終わってしまうような絶望的な状況を想像することができます。

世の中の多くの人はなんとしても自己破産をしないように頑張っていると思います。自己破産をした人は思い悩みどうしようもなくなってしまい、最後には自殺をしてしまうという悲惨なイメージもあります。

自己破産をするとそれまでの借金がなくなると理解していますが、ギャンブルや浪費をしても認められるのか疑問です。もしそれらの理由でも自己破産が認められてしまうと故意に自己破産をしてしまう人が現れることが想像できるので、なんらかの制限はあると思います。私は大切な人からの信用を失いたくないので自己破産をしないような生き方をしたいと思っています。


▲ページの先頭へ