己を恥じなさい

自己破産については、大きく2つのイメージを持っています。 まず一つは、借金を返済できなくなった人がする行為で、「世間的に恥ずかしい」というものです。

それからもう一つは、借金の返済など、どうしようもできない状況を解決してくれる、当事者にとっては「ありがたい制度」ということです。
前者についてですが、まず、借金をすることや返済ができないという時点で、信頼できない人という印象が正直あります。

例えば、ギャンブルなどで借金をしてしまってお金を返せなくなった人が、もう誰からもお金を借りることができなくなった時に、やむを得ず自己破産をするのだと思うのですが、自己破産をした人を簡単に信用したりすることはできません。

そして、信用できないと同時に、そんなルーズな人間であることは恥ずかしいことというイメージもあります。

後者についてですが、これは当事者になった場合を想定したものです。 自分が思わぬ形で借金をしてしまったとしたら、やはり制度としてあって欲しいと思います。

誰かの保証人になったがためにできた借金や、商売に失敗してどうしようもできなくなった時には、救済措置がないと人間として生きていくのは難しいと思います。

できればしたくない自己破産ですが、私の中では「恥ずかしいこと」と「助かる制度」という2つが入り混じっているという印象です。


▲ページの先頭へ