行き詰まるのは仕方なし

自己破産というとあまり良いイメージがありません。 計画性のない人や見栄っ張りの人が、働いたお金以上に浪費してしまい返済に困って自己破産している人なのではないかと思ってしまいます。

そういう人達は簡単に自己破産を申請しているのだろうと思います。 しかし、多くの人はリストラや病気、教育費や介護などによって借金をしてしまい、どうしようもなくなって自己破産をしてしまうのではないかと思います。 また、保証人になってしまい不本意にも借金を背負ってしまったり、会社を興したけど経営が行き詰まり倒産したということもありえます。

本当は返済したいのだけれど、返済するお金もなく、生活するお金もない人にとっては人生をやり直せる最終手段なのではないかなと思います。 安易に利用する制度ではないとは思いますが、悩んで命を落としたりするくらいなら利用したほうがいいと思います。

どういう制度なのかは詳しくわかりませんが、借金の減額や免除などをしてもらい生活を立て直す制度でメリットの方が大きいと思います。 デメリットは借金ができないくらいではないのでしょうか。 "


▲ページの先頭へ