一度やると立ち直れない

自己破産と聞くと、クレジットカードや借金の返済ができずに破産の手続きと取ると、借金に対しての支払いがすべてチャラになるという制度だと思います。

しかし、借金したものがすべて支払い義務がなくなるという事になると、誰しもが自己破産をしてしまうのではないのかと思いました。

ほとんどの人は、自分が負っているクレジットカードなどの借金は責任を持ってしっかりと支払いをしているわけですから、そういう全うな人たちの事を考えると自己破産して借金から逃れようとする人は、ずるいのではないかと考えるわけです。


返さなければならない借金を返さなくて良いなんて不公平だと思うのです。

しかし、大病などをして高額な借金を背負ってしまった人などが自己破産をするのは、一概に責められないと思います。自己破産もその理由によりけりでしょう。ただ日本は自己破産をすると生涯立ち直る事ができないという事も耳にしたことがあるので、それなりの社会的制裁を受けることになるので、簡単には自己破産を申請できないのでしょうね。


▲ページの先頭へ